×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メガデモ [ MEGADEMO ] ダウンロード
メガデモ普及委員会
< Top Page >

ヘイ・ユー!
クールなデモ作品にはロックミュージックがお似合いだぜベイベィ!

2004/08/22

序文・デモ作品BGMにはテクノ系がお似合いだとぉ!
 パソコンがデジタルなものであるため、どうしてもデモ作品の曲は音源チップから奏でられるチップチューンなサウンドや、シンセサウンドがかつては多くを占めていた。あるものは、いかに生音と同じ波形を生成できるか、またあるものは、いかに気持ちいいデジタルサウンドを発声できるかを競っていた。ところがパソコンの性能も上がり、サンプリング音源が主流となり、音楽ソースの圧縮・伸張スピード向上により、映像と同時にタイムラグもなく、どんなBGMも奏でることが可能となった・・・
 そしてついにデモ作品は「親に嫌われれば合格だ!」(<ロック界の重鎮モーターヘッド/レミーのお言葉)とまで言われるハード&ヘビネスなロックミュージック方面へもその幅を広げることとなる!・・・(っと強引な話の展開に著者も脱帽!(笑)すいませんロックな話になると急に熱く燃えるものが(笑))
早速ロックなデモ作品を見てみよう!
っということでロックなBGMがかかりまくりなデモ作品が、数は少ないもののいくつか存在するので、紹介しちまおう、ってコーナーなんっすよ、このページは!全部聞け!(といいつつリッピングものが多いのも事実である。)

ハードでヘビィなロックBGMのデモ作品
Remedy 2003/デモ部門2位
Exploding Teenage Emotions/AMC・・・download
典型的ストレートなパンクロックミュージック。ロックは決して演奏技術では語れません。「exploding teenage emotions」と終始叫びまくる。オリジナルじゃないな、このテンションぶりは。映像はデモしているが音楽に負け気味。
Mekka Symposium 2001/デモ部門3位
Propaganda/inf・・・download
さて日本語なタイポを結構多様するデモグループinfである。yume2000という作品ではEvery Little Thingの曲をリッピングしていたりする。曲は日本発のもの。結構カッコイイのね。だれの曲か知りませんが。ラウドな曲調と印象的なギターが耳に残ります。
Bizarre 2000/デモ部門?位
Untamed/fuel・・・download
オーイェー!スラッシュメロー!ザクザク刻む典型的リフがここちぇぇ!曲の起承転結のツボもばっちり!なんでDOOMっぽい映像にはこれ系のサウンドがよく似合うんだろう。映像もテクスチャー品質が高く、デモらしいエフェクトも見せてくれる。
The Party 1998/デモ部門2位
State Of Mind/Bomb!・・・download
曲のテンション高いっす!負けじと映像のテンションも高い!いかに作品に曲が重要かを再確認させられる。生粋なロックというよりも、90年代中盤のロックとヒップホップ系のクロスオーバーな曲。(これもオリジナルじゃないな・・・)
(注:途中で作品が終了してしまう人はオフィシャルサイトからmind_v12.win32.zipとmind.datをダウンロードすべし!)
Takeover 2000/1位
VIP 2/Popsy Team・・・download
デモパーティーVIP2の招待デモ作品。インダストリアルミュージックFEAR FACTORYの曲です。映像と音楽のシンクロぶりが心地よく、中盤からの音楽の盛り上がりと共に映像も最高潮に達し、デモ作品に愛と感動すら感じさせます!激しくイイッ!
Arf!Party 1999/1位
Shad 2 by cocoon・・・download
これまたハイテンション作品!この野太いデス声サイコーです!このデス声出せそうで実は難しいんですよ!しかもザクザクな聞きやすいリフが最高!ツーバスサイコー!な作品です。映像はちょっと古い作品で解像度低いですが、曲に負けずなかなかよいです!
Assembly 2004/2位
Planet Risk/Andromeda Software Development・・・download
ちょっとこの作品を混ぜていいか悩みましたが、幅広い意味でロックしているので紹介しときます。まず映像きれいスギ!ちょっとインテリ気味な香りがただよう音楽ですが、結構トリッキーな曲構成でよいです!普通に鑑賞できます。さすがASDですね。美しい。
Buenzli 2003/3位
Andromus/apocalypse inc・・・download
イアーエイクなハードコアミュージック斬りっ!ハヤリのメロコアでも、オキラクで陽気なパンクサウンドでもありません!ハードコアです!ボーカルも何言ってるかわかりませんがそれがハードコアです!(ハードコアの大御所バンド、ナパームデスメンバーも「俺らのやってるのは音楽じゃねぇんだよ!ボケっ!」とキッパリ音楽じゃない宣言してるんデス(笑))映像もワケワカな感じですが、音楽の迫力に完全に負けてますね・・・残念っ!
state of the art 2002/
raw confessions/cocoon・・・download
この独裁者の演説のようにたたみかけるボーカル!それに同期する変なオジサン!よく動きます。作品自体もクオリティが高くホラータッチな雰囲気が出ていてよろしい。いい仕事してます!
paradox 2002/1位
open your eyes/Critical mass・・・download
曲はGuano Apesというジャーマンヘビィロックバンドの曲。しかもボーカルは女性なんですよこれが!カッコイイです。映像に登場するオっちゃんが、長髪、皮ジャケット、皮パンとロックをかもし出してて、プラスです(笑)
Reboot 2000/デモ部門?位
we are sorry/nothing・・・download
ラウド&ヘビィなFEAR FACTORYがまたまた登場ですなぁ。映像はワケワカで、そんなに美しくもない作品です。
the party 2000/9位
Media Huora/kooma・・・download
ナイスっ!バスドラとベースの高音部分の独特な金属音がシブイっす!戦車の進撃のように畳み込むリフもなかなかよろしい(<コメントがBurrn!チックになってるな(笑))。映像はムービーのミックス垂れ流しな感もありますが、時折デモっぽい映像が織り込まれてます。もっとムービーが恐ろしい系だったらよかったのに・・・
Very Important Party 2001/
I can fly/MGDesign・・・download
ダンジグのようなスローでダークな男性ボーカル+ハイトーンな女性ボーカルなロックミュージックです。映像もちゃんとデモしています。
0a000h 2002/デモ部門3位
0x4D44/magic dreams・・・download
おっと!ドイツの極悪ハイスピード(笑)スラッシュなKreatorの曲ですね。この曲はハードロック回帰している・・・映像は2002年度作品にしては一昔前のエフェクトですな。まったりと鑑賞しましょう。


< Top Page >

苦情・感想随時受付
supli@mail.goo.ne.jp